teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1728/2833 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2台の楽観合議

 投稿者:山下  投稿日:2011年 5月 7日(土)02時11分54秒
  通報
  YSSは今回、マシン2台に同じ局面を考えさせて評価値の高い方を
採用する、という楽観合議で出ました。
Bonanzaの自己対戦ではたった2台の楽観合議は勝率0.50 -> 0.53 程度と
小さく(16台合議だと0.60を超える)YSSでもダメだろう、と思っていたのですが
YSSでは 0.44 -> 0.55 とかなりの効果があるようです。
ソフトによると思うのですが一度試してみる価値はあると思います。

1手1秒、Bonanza Feliz相手、2台の楽観合議

乱数の大きさ       D0 D0追試  D12   D25   D50  D100
勝率            0.438 0.448 0.559 0.518 0.555 0.514
局数             1000  1000  1000   723  1000  1000
手が異なる割合   ----  ----   24%   25%   27%   29%

1手4秒、Bonanza Feliz相手、2台の楽観合議

乱数の大きさ     単体    D6   D12   D25   D50   D75
勝率            0.406 0.500 0.538 0.502 0.497 0.551
局数              357   204   219   199   241   245
手が異なる割合  -----   23%   24%   25%   25%   26%


乱数の大きさ D75 というのは歩を100点(交換200点)としたとき、
標準偏差75(平均は0)の乱数を振る、ということです。

乱数は 16384個のテーブルに乱数をセットしておいて
[    0] =  -31
[    1] =  +19
[    2] = -114
...
[16383] =  +34
評価関数を呼んだ後に、現在の局面のハッシュ値の下位14bitが 3285 なら
[ 3285]の乱数値を足す、という感じです。

余談ですがBonanzaはそのままだと1手1秒に設定しても1手に1.8秒考えるので
下記のコマンドを送って0.8秒の追加を消す必要があります。

ponder off
limit time 0 1
time response 1000
 
 
》記事一覧表示

新着順:1728/2833 《前のページ | 次のページ》
/2833