teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1438/2850 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

順位順の星取表

 投稿者:山下  投稿日:2013年 5月 6日(月)10時25分52秒
  通報 編集済
               Bona pona GPS  激指 NDF  ツツ 習甦 YSS  勝敗  SB MD 順位

Bonanza            ×   ○   ○   ○   ○   ×   ○   5-2  16     1
ponanza       ○        ×   ○   ×   ○   ○   ○   5-2  15     2
GPS将棋       ×   ○        ×   ○   ○   ○   ○   5-2  14     3
激指          ×   ×   ○        ×   ○   ○   ○   4-3         4
NineDayFever  ×   ○   ×   ○        ×   ×   ○   3-4  10     5
ツツカナ      ×   ×   ×   ×   ○        ○   ○   3-4   6     6
習甦          ○   ×   ×   ×   ○   ×        ×   2-5         7
YSS           ×   ×   ×   ×   ×   ×   ○        1-6         8


Bonanzaの7年ぶりの劇的な優勝でした。
5-2が3つも並んで優勝が決まるのは初の気がします。
最終戦開始前はSBの計算が非常に難しく、単純確率だと

GPS  2分の1  (0.50)
Bona 16分の7 (0.44)
pona 16分の1 (0.06)

だったようです。全然関係なさそうな習甦-YSS戦もなぜか優勝争いに
絡んでいてYSSが勝つとponaの優勝の目が消える、という展開でした。
ponaは自力で激指を下し、ツツカナもNDFに勝って、確率4分の1まで
持ってきたのですが無情にもYSSがなぜか全敗から勝って目をつぶしました。
で、最後はGPSの必勝から詰み手順ミス+時間切れ、という大不運が
重なるBonanzaの逆転優勝。過去の23回の選手権でもこれほど沸いた
展開はなかったと思います。

最終戦を待たずして決まる、というジンクスは今回はなかったのですが
2次予選トップ通過は優勝できない、というジンクスは今回も出ました。

YSSは探索部分をStockfishに入れ替えてBona6との対戦成績では+150eloほど
強くなっていたと思うのですが、それでもぎりぎり予選通過で、毎年書いてますが
我ながら運のよさを痛感します。
ちなみにBona6とは1手1秒で0.53、1手4秒で、0.63?と思考時間を増やすと
強くなるようで、今まで1手1秒で大量にテストしていた弊害は相当
あった感じはしました。時間はかかりますが、長時間のテストはやらなければ
いけないと思いました。

NHKのニュースでも初めて取り上げていただいて、電王戦の影響はかなり大きかったと思いました。

コンピューター将棋 世界一を競う
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130505/k10014373391000.html
 
 
》記事一覧表示

新着順:1438/2850 《前のページ | 次のページ》
/2850